モリブデンにおけるフライス加工のポイント

難削材に分類されるモリブデン
難削材の切削加工は非常に難しく、極めて高い技術力が必要です。
今回は、その難削材であるモリブデンにおけるフライス加工のポイントを紹介いたします。

1.モリブデンの特徴

モリブデンは高硬度・高融点という材質上、かけやすいという特徴をもっており、切削加工を行う場合は注意が必要です。 例えば、フライス加工の場合、刃物の回転方向に抜ける側が欠けやすくなります。
モリブデンのように高硬度・高融点で書けやすい特徴をもつものを難削材と言います。

2.モリブデン加工における注意点

刃物がワークを抜けないように、プログラムを工夫し、ツールパスを出すことでワークの欠けを抑えることができます。 タングステンでは必要ありませんが、モリブデンの場合はこういった配慮が必要です。
また、加工形状によりフライス盤を使い分けることにより、亀裂や破断を防ぐこともできます。

難削材加工は研削・切削加工コストダウンセンター.comまで!

モリブデンのような難削材をフライス加工する場合は、刃物がワークを抜けないようにツールパスを工夫する。
また、加工形状によりフライス盤を使い分けることにより亀裂や破断を防ぐことができる。
当サイトを運営する株式会社木村製作所は、難削材加工のスペシャリストです。長年蓄積してきた独自の難削材加工における知見と、産学連携によって開発してきた超精密加工に関するノウハウを合わせて、難削材の高精密加工に対応いたします。
当社では、お客様とのご要望に合わせてVA/VE提案をしており、部品の設計段階からの全体を通したコストダウン方法をお客様と一緒に考えます。
「この加工のコストダウンをしたい」、「難削材の加工を頼みたい」といったご相談は、研削・切削コストダウンセンターにお任せください!まずはお気軽にご相談ください!