金属製チップトレイを高精度&微細加工から、超精密仕上げ加工、表面処理まで一貫対応!

金属チップトレイ 高精度加工

平均25%のコストダウンを実現!お見積りはこちら

TOP > 商品・サービス > 金属チップトレイ 高精度加工

こんなお困りごとはありませんか?

高精度な金属チップトレイを製造してほしい...。

金属チップトレイでは、プラスチック製のチップトレイでは実現が困難な、高精度かつ微細加工が施されたチップトレイを製造することができます。しかし、金属チップトレイの高精度加工には、とても高度な加工技術ノウハウが必要とされます。

位置決め用の微細形状も含めた複雑形状のチップトレイが作りたい...!

高精度加工と微細加工は別物です。高精度な加工ができるからといって、微細形状や複雑形状の加工ができるとは限りません。そのため、トレイ内部が複雑かつ微細形状になりがちな金属チップトレイは、精度も形状も両立させなければいけないため、加工レベルが高いのです。

金属チップトレイの加工から表面処理まで、丸ごとお任せしたいです!

金属チップトレイには、チップが破損しやすいというデメリットの他にも、高温化では酸化してしまう点も挙げられます。そのため、無電解Niなどの表面処理をすることで酸化防止が可能となりますが、加工から表面処理まで一貫対応できる加工業者は多くありません。

研削・切削加工コストダウンセンター.comの「半導体部品 試作加工サービス」の特徴

金属チップトレイに関する実績とノウハウ

金属チップトレイに関する実績とノウハウ

当サイトを運営する株式会社木村製作所では、金属チップトレイの加工実績を多数保有しており、そこで培った技術ノウハウが差別化要素であると捉えています。

>>金属製チップ搬送トレイの加工における3つのポイント

 

特に当社が注目するのが、寸法公差1μmのである「高精密加工」です。精密加工と高精密加工では、寸法公差の許容範囲の差は2μmほどです。しかし、この差が非常に大きいというのが、お客様ならびに私たち現場が感じている点です。

当社では、いかに安定して寸法公差1μmの部品加工を行うことができるのか、こだわりにこだわり抜いた、高精度加工に関する様々な技術ノウハウを保有しております。

>>精密加工と超精密加工の違いとは?

 

金属チップトレイの高精度加工を実現する設備体制

金属チップトレイの高精度加工を実現する設備体制

金属チップトレイの高精度加工におけるポイントとしては、チップトレイを高精度加工するための技術ノウハウがあるかどうかの他に、微細加工を行うことができる設備を保有しているという点もあげられます。

研削・切削加工コストダウンセンター.comでは、国内屈指の最先端設備を揃えており、高精度な精密・超精密加工を実現する環境を整えております。精密部品を量産するためには、設備や管理体制が最も重要となってきます。

当社では、お客様に満足いただける精密部品をお届けするために、工作機械やCAD/CAM、検査体制、さらには管理体制や加工施設全体にまでこだわり抜き、国内有数の精密・超精密加工のための環境を整備しています。

>>高精度を実現する加工設備はこちら

>>保有設備はこちら

 

微細加工・超精密加工もお任せください!

微細加工・超精密加工もお任せください!

研削・切削加工コストダウンセンター.comでは、難削材の加工やベアリングやシャフトなどの精密部品加工のコストダウンはもちろんのこと、微細溝加工や、微細溝加工、超精密加工におけるVA/VE提案まで、各種コストダウン提案をしております。研削・切削加工コストダウンセンター.comを運営している木村製作所では、当サイトの他にも、「超精密・ナノ加工センター.com」という超精密加工に特化した技術情報や製品事例を発信するWebサイトを運営しております。当サイトではお見せしきれない技術ノウハウや製品事例は、ぜひそちらをご覧ください。

詳細はこちら>>

過剰品質の設計を防止!あらゆる角度からVA/VE提案!

過剰品質の設計を防止!あらゆる角度からVA/VE提案!

お客様からいただくご相談は、設計者の方々とお話を進めていく中で、何が一番のポイントで、ここだけ精度があれば他は多少粗くても問題ないというケースがほとんど。特に半導体製造装置等の装置設計者の方々は、部品加工に長けている方は少なく、無駄に高精度な部品を求めている場合も多々ございます。

そこで私たちは、お客様の過剰品質の設計を防止するために、あらゆる角度からVA/VE提案をいたします。これにより、大幅なコストダウンにつながったケースもあります。ナノレベルの加工の場合は、マイクロレベルとは異なるノウハウが必要とされますが、どちらにも対応することができる当社だからこそ、最適な品質設計をお客様に提案することができるんです。

>>技術提案事例はこちら

 

お問合せの流れ

  1. 図面ご送付 + 詳細条件ヒアリング
  2. 加工可否確認 + お見積もり
  3. ご発注 + お取引条件の確認・加工手配
  4. 製作・検査
  5. 出荷・納品

お問合わせの流れの詳細はこちら

よくある質問

Q: 図面がないのですが、ご相談できますか?

A: はい、図面作成前段階からご相談ください!

図面作成前段階であれば、加工プロセスを考慮して、最適な技術提案により、コストダウンやリードタイム短縮を実現いたします。

Q: 単品・試作だけの依頼でも対応していますか?

A: はい、対応しております!

半導体製造装置向け部品や、超精密加工に関する事業は開発案件が多いため、試作案件も数多くいただいております。特に金属チップトレイは単品・小ロット品が多くなりますので、安心してお問い合わせください。

Q: 加工以外はどこまで対応していただけますか?

A: 研磨、各種熱処理、表面処理まで一貫して対応しております!

当社では、切削・研削加工はもちろんのこと、研磨、各種熱処理、表面処理まで一貫して対応しております。また、産学連携によって築いた独自の精密加工ネットワークによって、あらゆる精密・超精密加工に関するご依頼に対応することができます。

運営会社情報

社名
株式会社 木村製作所
代表者
代表取締役社長 木村 俊彦
本社、工場
〒617-0828
京都府長岡京市馬場人塚1番地2
ナノ加工研究所
〒617-0828
京都府長岡京市馬場図所19-2
創業年月日
昭和44年4月1日
設立年月日
昭和55年5月17日
資本金
2000万円
従業員数
30名
営業内容
精密機械加工から超精密光学関連部品の製造
精密切削から超精密研削加工までの一貫生産
主要取引銀行
京都中央信用金庫 長岡支店
京都銀行 長岡支店
主要取引先
  • 三菱重工業(株) 工作機械事業部
  • (株)村田製作所 (本社・野洲・八日市・岡山)
  • 川崎重工業(株)
  • パナソニック(株)
  • 住友理工(株)
  • 三菱自動車工業株式会社 (京都工場・滋賀工場)
  • 東レエンジニアリング (石山工場・瀬田工場)
  • (株)ミスミ
  • 理研精機(株)
  • 富士機械工業(株)
  • (株)日進製作所
  • (株)童夢
  • 光洋機械工業(株)
  • (株)京都製作所
  • 三友工業(株)
  • (株)豊田中央研究所
  • (株)日立製作所 中央研究所
  • その他

(順不同)

研削・切削加工コストダウンセンターが提供する
【商品・サービス】