新着技術コラム

難削材加工品

チタンの加工はなぜ難しいのか?

「強度」「軽さ」「耐食性」「耐熱性」といった優れた特性をもつチタンは、近年の製造コストの低減化により、その需要は年々高まっています。 しかし、それらの優れた特性が原因となり、切削時の工具寿命が短くなるため、チタンは難削材…

難削材加工品

ハステロイ加工におけるポイントをご紹介!

ニッケルを主体とし、モリブデンやクロムなど様々な合金成分を添加することにより、耐食性および耐熱性を高めたニッケル合金であるハステロイ ハステロイはその特性から様々な分野で使用されています。 今回は、そのハステロイの加工の…

難削材加工品

ステライト加工におけるポイントをご紹介!

非常に高い硬度と優れた耐摩性、耐熱性、耐食性を兼ね備えた合金であるステライト ステライトはその特性から耐熱材料のみならず耐磨耗材料や切削工具材料としても使用されます。 今回は、そのステライトにおける加工のポイントを紹介い…

チタン加工 対策方法

難削材であるチタン加工への4つの対策方法

加工上の問題点や、それに伴う加工トラブルを発生させるチタンですが、そうした問題の対応策として一般的に、「切削速度の低下」「切削油による冷却」「適正工具の選択」「適正工作機械の選択」の4点が挙げられます。 今回は、チタン加…

難削材加工品

マグネシウム加工におけるポイントをご紹介!

実用金属として最も軽い材料であるマグネシウム 今回は、そのマグネシウムにおける加工のポイントを紹介いたします。 1.材料特性 マグネシウムは、実用金属としては最も軽い材料ですが、比強度、比剛性はアルミニウムよりも優れてい…

超硬合金製 工作機械部品

ハイス鋼の旋盤加工におけるポイントをご紹介!

ハイス鋼(高速度鋼工具鋼)は、超硬合金、サーメット、コーテッド超硬合金といった硬質焼結工具と並んで、主要な工具材料のひとつです。 しかしながら、ハイス鋼はCO,W,MO,Crといった他の工具材料と同質の金属を用いているた…

難削材加工品

コバール加工におけるポイントをご紹介!

常温付近での熱膨張率が金属の中でも低く、硬質ガラスに近いコパールは、接合部材として重宝します。 しかし、コバールは非常に粘りがあり、熱伝導率が低いという特徴があり、加工・切削の難しい材料です。 今回は、そのコバールにおけ…

超硬合金製 工作機械部品

超硬合金 加工法の工夫による時間短縮のポイントをご紹介!

超硬合金は硬度が高く、高温時の硬度低下が少ないことから切削加工の工具材料としての需要が高く活用されています。 今回は、超硬合金加工における時間短縮のポイントを紹介いたします。 1.従来の加工法 超硬合金の加工は、従来電着…

SCM製 工作機械向け部品(外面溝部セラミック溶射)

モリブデンの加工条件設定におけるポイント

難削材に分類されるモリブデン 難削材の切削加工は非常に難しく、極めて高い技術力が必要です。 今回は、その難削材であるモリブデンにおける加工条件設定のポイントを紹介いたします。   1.モリブデンの加工条件 モリ…

SCM製 工作機械向け部品(外面溝部セラミック溶射)

モリブデンにおけるフライス加工のポイント

難削材に分類されるモリブデン 難削材の切削加工は非常に難しく、極めて高い技術力が必要です。 今回は、その難削材であるモリブデンにおけるフライス加工のポイントを紹介いたします。 1.モリブデンの特徴 モリブデンは高硬度・高…