切削加工とは?

皆さんは金属加工や機械加工と聞いてどんな場面を想像しますか?

おそらく、ドリルや機械で金属を切ったり、削ったりしている光景ではないでしょうか?

切削加工はもっともポピュラーな加工法のひとつです。

今回は、切削加工の特徴から、切削加工の種類、切削加工のための工具や切削加工に使われる工作機械について説明いたします!

切削加工とは?

切削加工は機械加工とも呼ばれ、様々な金属加工法のなかでも、基本となる金属を加工する方法のひとつです。

工作機械を使って、切削という文字の通り材料を切ったり削ったりして不要な部分を除去して、用途にあった形状や理想のサイズに加工すること切削加工と言います。

切削加工の特徴は、

①複雑な形状の加工をすることができる。
②高精密な加工ができる。

③小ロットの生産も安いコストでできる。
④難削材の加工にも適している。
⑤刃物を使い切る削るなどの加工をするため切り屑が出る。
といった点をあげることができます。

切削加工で使われる材料としては、アルミ、ステンレス、鉄、黄銅などの金属から、プラスチックや樹脂などの非金属まで多くのものが材料として上げられます。

このことからも切削加工が幅広いニーズのある加工法であることが分かります。

切削加工とよく比べられる加工方法として、研削加工というものがあります。
研削加工と比較して、どちらの加工法が適しているかを検討することも重要です。

>>研削加工と切削加工の違いとは?

切削加工の種類

切削加工には主に以下の種類がございます。

  1. 旋削加工
    旋削加工とは材料を機械を使いで回転させ、材料に刃物である切削工具を当てることにより材料を削る加工法です。
  2. フライス加工
    フライス加工とは、切削工具を機械を使い回転させ固定させた材料に当てることにより材料を削る加工法です。
    旋削加工と比較すると2つの加工法の特徴が分かりやすいです。

旋削加工は材料を回転させ、工具を当てて材料を削る加工法であるのに対し、
フライス加工はフライスという工具を回転させ、材料に当てて材料を削る加工法であることが分かります。
また、フライス加工と同じような加工法にミーリング加工というものがあります。

穴あけ加工
穴あけ加工は切削工具を回転させ材料に穴をあけて削る加工法です。
近年では、マシニングセンターで穴あけ加工を行うことも多くなっています。

このように切削加工には3つの種類の加工法があり、それぞれ違う特徴を持っています。

切削加工のことなら、研削・切削加工コストダウンセンター.comにお任せください!

研削・切削加工コストダウンセンター.comを運営する株式会社木村製作所では、部品の粗加工・精密加工から、調達、表面処理、検査・測定といった加工の前後工程も含めて一貫対応しております。当社は、本社で工作機械部品や半導体製造装置部品といった精密部品の加工を行っており、ナノ加工研究所で超精密加工・仕上げ加工から品質保証の超精密検査を行っております。そのため単なる部品加工だけでなく、部品の一部に必要な超精密加工や検査・測定も一緒に私たちにお任せいただけますと、一貫して対応する分だけコストも抑えることが可能になります。

また当社では、タングステンや超硬、チタン等のあらゆる難削材加工に対応しております。当社は難削材加工のスペシャリストであり、また超精密加工のプロフェッショナルとして、難削材の高精密加工にも対応しております。長年蓄積してきた独自の難削材加工における知見と、産学連携によって開発してきた超精密加工に関するノウハウを合わせて、難削材の高精密加工に対応いたします

さらに当社では、お客様の過剰品質の設計を防止するために、研削・切削加工のプロフェッショナルとしてあらゆる角度からVA/VE提案をいたします。マイクロレベルはもちろんのこと、異なるノウハウが必要とされるナノレベルのどちらにも対応することができる当社だからこそ、最適な品質設計をお客様に提案することができます。

 

「材質は決まっているんだけど、本当に加工できる?」「こんな形状を高精度に加工してもらいたいんだけど…。」こんなお悩みにお応えすることができるのが、私たちが選ばれる理由です。

難削材加工、高精密加工・超精密加工、設計段階からの加工コストダウンにお困りの方は、研削・切削加工コストダウンセンター.comまでお問い合わせください!