新着技術コラム

超硬合金製 工作機械部品

超硬合金における加工条件設定のポイント

超硬合金は硬度が高く、高温時の硬度低下が少ないことから切削加工の工具材料としての需要が高く活用されています。 今回は、超硬合金における加工条件設定のポイントを紹介いたします。 1.加工におけるポイント 超硬合金の切削を超…

超硬合金製 工作機械部品

ハイス鋼の特性

ハイス鋼(高速度鋼工具鋼)は、超硬合金、サーメット、コーテッド超硬合金といった硬質焼結工具と並んで、主要な工具材料のひとつです。 今回は、そのハイス鋼の特性 を紹介いたします。 1.材料特性 ハイス鋼(高速度鋼工具鋼)は…

難削材加工品

難削材における加工の難易度

難削材と一括りでいっても、比較的加工の簡単なものから非常に難しいものまで多岐にわたります。 今回は難削材の種類ごとの難易度についてご紹介いたします。 難削材における加工の難易度 加工材料の、材質ごとの加工難易度は下図ピラ…

難削材加工品

難削材加工における問題点とその解決策

ステンレスやチタン、インコネルなどの難削材は、航空機や自動車などの様々な業界において、現在需要が高まっています。しかし、難削材という言葉通り、難削材の切削加工は非常に難しく、極めて高い技術力が必要です。 今回はそのような…

SCM製 工作機械向け部品(外面溝部セラミック溶射)

被削性指数とは?一覧から加工条件まで紹介!

被削性指数とは工作物の切削のしにくさを定量的に示す指標のことです。 今回は、被削性指数の求め方や工作物の被削性率についてご紹介いたします。   被削性指数に関しては、別サイトの以下の記事もぜひご覧ください! >…

難削材加工品

高まる難削材のニーズ

難削材の切削加工は非常に難しく、極めて高い技術力が必要です。 日本国内の産業における成熟化とグローバルな競争環境の進展から、その活用がより求められています。なぜならものづくりの高付加価値化を追求していけば、航空宇宙、原子…

難削材加工品

難削材とは?種類と加工条件

ステンレスやチタン、インコネルなどの難削材は、航空機や自動車などの様々な業界において、現在需要が高まっています。しかし、難削材という言葉通り、難削材の切削加工は非常に難しく、極めて高い技術力が必要です。 今回はそのような…

研削加工とは?

切削加工に並ぶ重要な機械的加工の1つが、高速で回転する砥石(といし)によってワーク(工作物)の表面を加工する除去加工方法である、研削加工です。研削加工は、切削加工と比較して一度での加工での除去量が小さく、加工面の粗さが良…

円筒研削とは? 

研削加工の中には、様々な加工方法が含まれています。その中でも最もメジャーなのが、ワークの外周円筒部を研削加工する、円筒研削です。ここでは、円筒研削の特徴と、ワーク保持方法、加工方法についてご紹介いたします。 円筒研削加工…

アルミ合金製 内面鏡面切削加工品

アルミ合金切削加工とは? 加工のポイントを紹介!

金属やプラスチックを切ったり、削ったりすることで、あらゆる素材を様々な形状へと変えることができる切削加工。加工形状の応用範囲が幅広く、製造業の基盤となっている技術といっても過言ではありません。 今回はごく一般的な材料では…