研削加工と切削加工の違いとは?

金属の加工には、多くの加工方法がありどの加工方法が適切か見極める必要があります。

今回は、なかでもよく間違われやすい研削加工と切削加工の違いについてご紹介していきたいと思います。

切削加工と研削加工の違い

切削加工と研削加工は似ているように感じますが、それぞれ異なった加工法のことを指しています。まず、切削加工は刃物で材料を削る加工法のため、切り屑が出るのが一つの特徴です。目的の形状によっても様々な加工法が存在しますが、回転している工具を押し付けて削ったり、工具だけでなく材料も回転させたりして加工していく方法もあります。このように材料を除去していく操作でもあるために、切削加工は除去加工とも呼ばれるようになりました。

一方、研削加工は、高速で回転している研削用の砥石を材料の表面に押し付けて、表面を少しずつ削っていく精密加工法の一種です。この砥石には極めて硬い微細な砥粒が用いられており、加工物をより高精度にするためにも用いられています。例えば、バイトやフライスなどの刃物で削れないような硬い材料の加工に使用したり、旋盤やフライス版などで前加工をした後の仕上げに使用するなどです。

また、切削加工は、バイトを使用する旋盤加工、ドリルを使用したボール盤加工など、使用する工具によっても加工法が変わってきますが、研削加工は砥石を用いて円筒研削や内面研削、平面研削などを行います。固められた砥石は、せん断や引っ張る力には弱いため、加工時は砥石の側面を材料の表面に押し当てていきます。

研削・切削加工のことなら、研削・切削加工コストダウンセンター.comにお任せください!

研削・切削加工コストダウンセンター.comを運営する株式会社木村製作所では、部品の粗加工・精密加工から、調達、表面処理、検査・測定といった加工の前後工程も含めて一貫対応しております。当社は、本社で工作機械部品や半導体製造装置部品といった精密部品の加工を行っており、ナノ加工研究所で超精密加工・仕上げ加工から品質保証の超精密検査を行っております。そのため単なる部品加工だけでなく、部品の一部に必要な超精密加工や検査・測定も一緒に私たちにお任せいただけますと、一貫して対応する分だけコストも抑えることが可能になります。
また当社では、タングステンや超硬、チタン等のあらゆる難削材加工に対応しております。当社は難削材加工のスペシャリストであり、また超精密加工のプロフェッショナルとして、難削材の高精密加工にも対応しております。長年蓄積してきた独自の難削材加工における知見と、産学連携によって開発してきた超精密加工に関するノウハウを合わせて、難削材の高精密加工に対応いたします。
さらに当社では、お客様の過剰品質の設計を防止するために、研削・切削加工のプロフェッショナルとしてあらゆる角度からVA/VE提案をいたします。マイクロレベルはもちろんのこと、異なるノウハウが必要とされるナノレベルのどちらにも対応することができる当社だからこそ、最適な品質設計をお客様に提案することができます。
「材質は決まっているんだけど、本当に加工できる?」「こんな形状を高精度に加工してもらいたいんだけど…。」こんなお悩みにお応えすることができるのが、私たちが選ばれる理由です。
難削材加工、高精密加工・超精密加工、設計段階からの加工コストダウンにお困りの方は、研削・切削加工コストダウンセンター.comまでお問い合わせください!