ネッキング(ぬすみ)加工によるR工数削減  その3

円筒研磨(研削)は旋盤加工をした後に精度を向上させるために行う加工のことです。
円筒研磨を行うことで製品の耐摩耗性が上がったり、抵抗が少なくなったりするので全体としてコストダウンにつながります。

今回は、円筒研磨の中でもネッキング(ぬすみ)加工によるコストダウン方法の1つをお伝えいたします。

Before

before

段付き面及び端面の研削の場合には、段付き隅部にネッキング(ぬすみ)が無いと、研削加工の工数が増加してしまいます。

After

after

ネッキング(ぬすみ)があることにより、段付き面研削(①工程)と側面研削(②工程)が最低限の工数で行うことができます。

ネッキングを作ることで、段付き面研削と側面研削が最低限の工数で行うことができコストダウンにつながります。