ワーク隅部のネッキング(ぬすみ)加工によるR発生防止

平面研削とは、工作物の平面部分に対して研削を施す加工方法の一種です。平面研削加工をすることで、工作物の厚みを整え、適正な平面度や平行度を作り出します。

今回は、平面研削におけるコストダウン方法の1つをお伝えいたします。

Before

before

ワーク壁、底の研削指示の場合、隅部にネッキング(ぬすみ)を入れないと、隅部にRが付くことがあります。

After

after

ワーク隅部にサイドカッターでネッキング(ぬすみ)を入れることにより、ワーク隅部のRを防ぐことができます。

ワーク隅部にサイドカッターでネッキング(ぬすみ)を入れることにより、ワーク隅部のRを防ぐことができます。